2015年06月25日

戯言シリーズが好きすぎて・・・

どうも。
最近、友人に「いーちゃんそっくりww」と言われて喜ぶべきなのか怒るべきなのか悩んでしまう、戯言遣いのいーちゃんです(笑)


西尾維新先生の処女作、通称「戯言シリーズ」ですが、もちろん自分は全巻持っています。
今度、それぞれレビューを書いてみたいです。


戯言シリーズの主人公・いーちゃん。
彼の名前は結局明かされることはなく、本編で一度だけ名前当てクイズがありましたが、これは無数に回答があるようで、本名は未だに謎です・・・。
関係者からは「いーちゃん」「いーたん」「いの字」「いーいー」などと呼ばれています。
この男、一言では表せられない男です(笑)


一つ言えるのは、まともな感性の持ち主なら、いーちゃんに似てるというのは女性に「AKBにいそうだよね~」と言うぐらい侮辱です(笑)
自分は好きなんですがね・・・。


今度このカテゴリを更新する時は戯言シリーズの主観レビューします。


ラベル:小説 原作
posted by いーちゃん at 22:09| Comment(0) | 小説 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。