2015年06月29日

前半戦を振り返って

どうも。
野球を観る時、一人でぶつぶつ言ってしまう戯言付きのいーちゃんです(笑)


今年の交流戦はひどかった(;´Д`)
自分はどこの球団のファンというわけではありませんが、身内に巨人・中日ファンが多いので、なんとなく二つの試合を観ることが多いです。
ですが、今年の交流戦、予想通りセリーグはパリーグに負け越し。
しかも、阪神以外全部・・・。
DeNAなんか十連敗してますからね・・・。


そんな中、嬉しいニュースもあります。
今年は日本人打者が本塁打王になるのでは、というほど、両リーグで頑張っている選手がいます。
DeNAの筒香選手、ソフトバンクの柳田選手です。
この二人を筆頭に、日本ハムの中田選手など、今年は打撃好調の選手と不調の選手との差が激しい気がします。巨人なんてスタメンに三割打者がいないんですよ・・・。


今年は各球団で世代交代が進んでいるように感じられます。
自分が学生時代に活躍していた選手がどんどん引退するのは寂しい限りです・・・。


次の記事では、名試合などのランキングなどを作りたいなあと考えています。
どうか、温かい目で見守ってやってください。


ラベル:野球
posted by いーちゃん at 23:07| Comment(0) | 野球 | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

うなぎなんて久しぶり(*゚▽゚*)

どうも。
食事をする際、必ず一番食べたい物を後で食べる戯言使いのいーちゃんです(笑)


今日はうなぎを食べに春日井までやってきました。
春日井市民病院前にあるたむろといううなぎ屋です。
11時開店なので十五分前ぐらいに行ったのですが、滅茶苦茶行列ができてました・・・。
幸い、自分たちは40分待ちでしたが、ほかのお客様はもっと待っていたと思います。


自分はねぎまぶしを注文しました。
お値段3、100円!
とても美味しくいただきました。
うなぎがほどよい固さだったのが絶品!
店内も和風で統一されていて、店員さんも皆親切な方ばかりでした。


会計している際、店員さんが「皆大きい方ですね」と言いました。
・・・確かに、男は皆175cm以上あり、女性も165cm以上。
圧迫感があるだろうなあ、としみじみ思いました(笑)


お値段もお手頃で美味しいうなぎを食べたい方は、たむろへどうぞ!IMG_0561.JPGIMG_0561.JPG
posted by いーちゃん at 20:03| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

なんちゃってランキング(前編)

どうも。
PCを弄る際はどうしても猫背になる戯言使いのいーちゃんです(笑)


今回はとあるランキングを作ってみました。
その名も・・・


エロゲーオススメランキング!


いーちゃんの独断と偏見で選び抜いた作品が以下になります。
評価は星五つが最高点です。




10位  G線上の魔王(あかべえそふとつう)
絵 ✩✩✩
シナリオ ✩✩✩✩
音楽 ✩✩✩
総合 ✩✩✩

・主人公はヤクザの親分の養子であり、独特の感性をもつ浅井京介。いつものようにヤクザの仕事をしながら学生生活を送っていると、一通のメールが届く。「the devil」。時を同じくして、学園に異様に髪の長い転校生・宇佐美ハルがやってくる。クラスメイトの三輪椿姫、義妹の浅井花音、白鳥建設令嬢の白鳥水羽らと交流をもつ傍ら、京介は宇佐美ハルと共に犯罪者・魔王を追っていく。

・キャッチコピーは「命をかけた、純愛」。魔王との戦いは狡猾な頭脳戦・心理戦であり、ネタはそれほど驚く内容ではないものの、音楽と合わさって非常にスリリングでした。

・また、るーすぼーいさんが描く人間の醜い部分の描写も冴え渡っており、妙な生々しさがあります。

・京介の悪友・相沢栄一と神との対話は必見(笑)。これは本編で分かります。

・良い作品なのですが、個人的に第三章のつまらなさ、第四章の急速な展開が酷かったので、評価を下げさせてもらいましたが、良作です。


9位 Aster(Rusk)
絵 ✩✩✩✩✩
シナリオ ✩✩✩
音楽 ✩✩✩
総合 ✩✩✩✩

・榊宏は料理人を目指す高校生。近くに住む双子の姉妹・柚木沙耶と柚木沙希と今日も一緒に投稿する。ある日、宏は沙耶から告白され、それを了承する。その矢先、沙耶は交通事故で亡くなる。宏を含めた事故の関係者たちは、大切な人を失った悲しみをどう乗り越えていくのか?

・群像劇ノベルです。キャッチコピーは「そこに奇跡は起こらない」。第一章はプロローグ、第二章から第四章は事故の関係者たちのそれぞれの物語、第五章は宏の事故後の話になります。

・事故を起こすキッカケを作ってしまった少女、事故に巻き込まれ失明してしまう少女、事故を起こしてしまった母親を持つ少年。それぞれが自分たちの大切な人を亡くし(傷つき)、三者三様の答えを見つけていく。

・鬱ゲーです。ただ、第一章が長すぎる。逆に、それ以降はちょっと短いかも・・・。絵はよかったし、主題歌もはまりましたが、シナリオは普通。物語の背景と設定はよかっただけに、もったいなかった。


8位 殻ノ少女(inoccent gray)
絵 ✩✩✩
シナリオ ✩✩✩✩
音楽 ✩✩✩✩
総合 ✩✩✩✩

・舞台ワ昭和。主人公・時坂玲人は探偵だ。ある日、東京で二つの猟奇殺人事件が発生する。玲人はそれを調べるべく、妹の紫子が在籍する学園に教師として赴任することに。そこで出会った朽木冬子という少女に、「自分をさがしてほしい」と依頼を受ける。

・舞台が昭和ということですが、あまり違和感なく見ることができました。絵が少し独特ですが、慣れると気にならなくなります。

・猟奇殺人事件が発生するので、描写は少しグロイです。エンディングが数種類あって、そのどれもが綺麗に纏められているのは高評価。

・ただ、少し長すぎる・・・。


7位 CLANNAD(Key)
絵 ✩✩✩✩
シナリオ ✩✩✩✩
音楽 ✩✩✩✩
総合 ✩✩✩✩

・主人公・岡崎朋也は自分のいる街を嫌っていた。学校では不良とみなされ、将来の目標など何もない。そんなある日、朋也は校門前で古河渚と出会う。渚は自分のやりたいこと「演劇部の復活」を目指している。朋也はそれに付き合いながら、様々な人の悩みを解決していくことになる。

・高校編とアフターストーリーがあります。とんでもなく長いです。テーマは家族です。とにかく感動しました。泣きゲーですね。アニメ化もしています。

・人にある普通の悩みをKey独特のファンタジーを絡めて物語が進んでいきます。渚、ことみシナリオは特に秀逸です。

・朋也の悪友・春原陽平がいいキャラしてます。こいつがいなければ高校編の面白さは半減していたといっても過言ではないです(笑)


6位 最果てのイマ(ザウス)

絵 ✩✩✩
シナリオ ✩✩✩✩✩
音楽 ✩✩✩
総合 ✩✩✩✩

・主人公・貴宮忍には聖域される場所と仲間がいた。七人はいつも一緒で、平和な日々を過ごしていた。

・田中ロミオ氏の哲学ゲーです。日常編と戦争編の二部構成です。細かく説明すると日が暮れるので、ここでは割愛しますが、言えるのはギャグオンパレードです(笑)

・とにかく考察する価値のあるゲームです。自分も初回プレイは「???」でした。特に笛子シナリオは難解で、五週目にしてようやく謎が解けたほどです・・・。個人的に沙也加シナリオがよかったです。

・考えてゲームする人にはオススメですが、それ以外の人たちにはオススメできません・・・。


5位~1位は次回の記事にて!
posted by いーちゃん at 17:58| Comment(0) | ゲーム | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。